ネットで話題の育毛剤比較まとめ

育毛剤を選ぶときに注意したいポイントとは?

育毛剤を選ぶときに注意したいのは、髪や頭皮がどのような状態にあるかを知ることです。
髪にハリや元気がなく傷んでいるようなら栄養不足の可能性があります。

また、頭皮を触ってみて硬い感じなら血行不良かもしれません。
頭皮がべたついたり乾燥している場合は頭皮のトラブルが疑われます。
その症状に合わせて、栄養成分を含む育毛剤、血流をよくする育毛剤、保湿機能の高い育毛剤を選ぶことが大切です。

状態に合った育毛剤を選ぼう

ご自分の頭皮や髪の状態が分かったら、次は育毛剤の大まかなタイプをチェックしましょう。
ネットやドラッグストアで育毛剤を調べるポイントは、どのような育毛成分が含まれているかということと、どのような育毛のメソッドや技術が取り入れられているかを確認することです。
とくに男性の場合、男性ホルモンが薄毛や抜け毛の原因になっているケースが多いので、男性ホルモンに作用するタイプの育毛剤から試してみるのもいいかもしれません。

髪を育てたいなら細胞に作用する育毛剤

髪を作る細胞に直接働きかけるタイプの育毛剤も注目されています。
髪を作る毛母細胞などに働きかける育毛剤には、濃密育毛剤「ブブカ」や「チャップアップ」「イクオス」「ポリピュアEX」などが当てはまります。

共通しているのは今話題の育毛成分「M-034」が高濃度に配合されていることです。

最近の研究で毛包が毛根を包み込み保護すると同時に毛の発育に重要な役割を果たすことが分かってきました。

そこで、直接毛包を活性化させる「M-034」という成分に着目したわけです。
これは北海道ミツイシコンブのぬめりから抽出した天然由来のエキスで、人体に副作用がないのもうれしい点です。

特に「イクオス」は「M-034」の含有量を最大級に配合しています。

育毛有効成分も頭皮の血行促進をうながすセンブリエキスなど業界最多の3種類をたっぷり配合するなど、その実効で高い評価を受けています。

「ポリピュアEX」も、海から生成された酵母エキスで、発毛を促すたんぱく質の一つである「バイオポリリン酸」が、休眠した毛乳頭に発毛指令を直接与え、再び髪を生えさせるという効果が期待されています。

M字型薄毛には男性ホルモン抑制をメインに

男性ホルモンを抑制する育毛剤としては医薬品のミノキシジルやフィナステリドが有名ですが、一般的な市販薬でも特徴のある育毛剤があります。
特にM字型薄毛にお悩みの方におすすめしたいのが「プランテル」です。

なぜ額の生え際がM字型に後退していくかというメカニズムに、男性ホルモンのテストステロンが関係しています。

これが5αリダクターゼという頭皮付近で分泌している酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンというより強力な男性ホルモンになります。
このジヒドロテストステロンが髪の毛の脱毛を促進するので、M字型薄毛の症状を進行させてしまうのです。
「プランテル」は5αリダクターゼの働きを抑制し、このM字型薄毛の進行を止める効果があるとされています。

また、同様な性能をもつ育毛剤として「ブブカ」が人気です。
脱毛の原因となる悪役男性ホルモンの生成を77%阻害するオウゴンエキスが配合されており、抜け毛を減らすことで成長期を長く維持し、発毛のサイクルを正常に戻していきます。

今回紹介したもの以外にも、たくさんの育毛剤があります。その中で自分に合ったものを見つけてください。

新着情報